きゅうりの王様

塞翁が馬な日々

Life is a box of chocolates ブログ

過度な便秘を解消するおすすめの便秘薬 マグミット錠

広告

便秘が原因で先日、お通じが硬く、しかもめちゃくちゃ大きかったので浣腸してもらった。
こんなことがあったもので、便秘薬(厳密には便秘解消薬)「マグミット錠」を処方してくれた。

マグミット錠を使って見た効果や副作用について書いていく。

マグミット錠の効果と副作用

f:id:cucumberking231:20170326110134j:plain マグミット錠の成分は酸化マグネシウムで腸内に水分を引き込む働きがある。
大腸に水分を引き込むことで、固くなった便に水分を与えて便を柔らかくする。
水分を吸収して大きく柔らかくなった便が大腸の壁を押すことで、大腸の運動を活発にし、便を押し出す働きを助ける。

服用してから約6〜8時間で効果がでるといわれている。

f:id:cucumberking231:20170326110157j:plain 「筋力の低下や血圧の低下の恐れがある」と書かれている。
特に恐れるような副作用はないそうであるが、飲みすぎると逆に下痢気味になることがあるので注意された。
下痢・腹痛の症状が出た場合は服用を控える様にとのことでした。

服用方法

朝昼夕の食事後に服用する。
お通じがあるなら無理して飲む必要はないと言われたが、自分の家以外で大便をするのは緊張してなかなか出ない。
なので、服用している。
前回から3、4日出ていない。
「もうそろそろ…」なんて看護師さんに言われているが他ないものは仕方がない。

自宅にいるときはコーヒーを飲んだ後に出るので、市販のコーヒーを買ってきてもらい昨日から飲み始めた。 相乗効果を狙った。

効果

そして本日久々の快便。

便もある程度の硬さで、前の様な痛い思いはせずに済みました。
医師と薬剤師の説明どおりでした。

まとめ

「おすすめ便秘薬」と書きましたが、この薬は医師の処方が必要となる。

マグミット錠は腸に水分を取り入れて便を出やすくする薬。下剤ではないので注意して下さい。

便秘に悩んでいる人は恥ずかしがらずに医師の診断を受けて薬を処方してもらってください。