きゅうりの王様

きゅうりの王様

雑記・日記

失敗しないアフィリエイト論 メリットとデメリット

広告

インターネットで最初の1ドルの収入を得るために86ドルかかるという統計がある

アフィリエイトの紹介について書きました。

続きのような感じです。

www.cucumberking.com

購入した商品のレビュー紹介程度なら問題ないのですが、雑記系のブログでアフィリエイト広告を貼り付け過ぎると一気に胡散臭く、怪しくなってしまいます。

アフィリエイトって聞くとなんかいかがわしく感じるのは上記のような理由からかもしれません。

胡散臭さをなくす唯一の方法は記事の内容と広告が一致している事です。

ブログの内容と広告がきちんと関連付いているかどうかです。

広告と記事が関連付いていなければせっかくの良記事も粗悪記事に見えてしまうので注意してください。

そんな事を考えながらメリット・デメリットについて書きました。

アフィリエイトのメリット

広告主にとってのメリットは商品やサービスを紹介してもらう事で売上を伸ばす事ができます。

消費者にとってのメリットは商品、サービスを検討、比較する目安になります。

そして、アフィリエイター(アフィリエイトをする人)にとってのメリットはブログや記事で商品、サービスを比較、紹介して成約すると数%〜の報酬を受け取る事ができます。

アフィリエイトとは?広告主と消費者を繋ぐ仲介サイト(仲介者)だと思えば良いのです。

三者三様のメリットがあります。

まさにウィン・ウィンではなく「ウィン・ウィン・ウィン」という事になります。

アフィリエイトサイトを作って稼げる、副収入、副業で100万円ゲットとか、という言葉がネット上で書かれています。

それなら簡単に稼げるのかな?

やって見ようと思う人もいるでしょう。

しかしそんな簡単なものではありません。

それが次に書くデメリットです。

アフィリエイトのデメリット

実は簡単に報酬を得る事ができない、簡単に稼げないんです。

月々100万円の収益があり、会社を辞めてアフィリエイトだけで食べていく人もいるかもしれません。

しかしそれはほんの一握り。

人生の中でそんな人に出会った事はありません。

以下のような統計があります。

なんと半分以上の人が月間の収益1,000円未満という統計があります。

収入がある人はほんの一握りというきちんとした統計があるんです。

http://www.japan-affiliate.org/news/survey2014/

そして次は初心者アフィリエイターがよく利用する「物販アフリエイト」のメリット・デメリットについてです。

物販(物品販売)紹介のメリット・デメリット

いちばん一般的なアフィリエイトは物品販売「物販」です。

商品「モノ」を紹介する事です。

気に入れば自分のサイト経由で購入してくれます。

自サイト経由での購入で初めて報酬が発生し、収入を得る事ができます。

物販は商品を自分で持たなくても良いというメリットがある反面、報酬額、商品に対する報酬率が低いというデメリットがあります。

楽天市場やAmazonの商品を自サイト経由での購入、かつ1,000円の本が売れる。

仮に1%の報酬なら10円、30万円欲しいなら3万冊自サイト経由で購入してもらわないといけないんです。

書いていて自分も絶望的になってきます。

また、Amazonや楽天市場の商品紹介は誰でも簡単にできるので競争率が高くなるという事も考えられます。

容易と困難

言いたい事は簡単に始める事ができますが中身は簡単ではないという事です。

どんな頭の良い人でもちょっと覚えて、1日30分だけ作業して、お金がザックザックとかいう事はありえません。

睡眠を削って自分の時間をすり減らし、血を吐くような思いで取り組んでいる人も中にはいます。(わかりませんが・・・)

そんな人たちでも全員が成功するかといえばそうでもありません。

途中で挫折する人もいるでしょう。

時間給に直した場合は1時間で100円とか50円とかザラです。

いきなり時給1000円とか2000円とかの高収入を考えているならやめておいたほうが良いです。

主になる仕事以外でアルバイトをした方がよほど効率的です。

しかし、成功本を読んでいくとある法則があります。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

継続の重要性

地道に続けていくと、ある段階から収益が飛躍的に上が流可能性もあります。

100万円は無理でもある程度波にのると放っておいても1万円、2万円は可能です。

最初時給50円だったものが長い目で見ると時給1000円になっている可能性もあります。

アフィリエイトの可能性と一般化

昔よりも格段にアフィリエイトが浸透してきています。

もしかしたら、昔と比べたらアフィリエイトにある悪いイメージが小さくなっているように思います。

最初に書いたような事は今はもうないのかもしれません。

また、今後アフィリエイト市場は成長が見込める市場として大手各社が力を入れ始めています。

アフィリエイトは今後5年間で10〜20%の高い伸び率で市場規模が拡大していくと予測されています。

モノを買う、サービスを利用する、というときに比較、レビューがあると便利で購入の決め手の一つになります。

アドセンス

アフィリエイトでいちばん簡単に収益を獲得できるのが「GoogleAdsense(グーグルアドセンス)」です。

クリック報酬型と呼ばれ、購入、サービス利用に至らなくても広告をクリックしてくれるだけで報酬が発生するからです。

一般的にサイトやブログの広告のクリック率(広告に興味がありクリックする人の割合)は1〜2%と言われていました。

つまり、100人に1人ないし、2人がクリックしてくれるので、1日10件の訪問者がいると10日で1、2回クリックされて、数円〜数十円の報酬をゲットする事ができます。

「チリも積もれば何とやら」ですね。

グーグルアドセンス以外にも、nendやAdMob、忍者AdMaxなどクリック課金型広告をしているASPもあります。

それぞれデメリットもありますので良し悪しをしっかりと理解した上で利用してみてください。

まとめ

インターネットで最初の1ドルの収入を得るために86ドルかかるという統計がある

一番最初に書いた言葉は元マッケンゼーの大前研一氏の名言の一つです。

アフィリエイトでいちばん簡単な方法は自分の好きな事とアフィリエイトをつなぎ合わせる事です。

旅行やスポーツ観戦、釣りなど自分の好きな分野から始めるととっつきやすいです。

ある東洋大学の学生が卒業後に就職した部品メーカーで市場調査を命じられたそうです。

調べていくうちに同じ部品でもお店によって価格が違う事に気づき、それをまとめたサイトを作って解説したそうです。

それがあの価格ドットコム。



(間違っていたらすいません。昔の記憶で調べてません。)

そう、あの価格ドットコムも一種のアフィリエイトサイトなんですよね。

小遣い稼ぎのつもりでしていたものがビックビジネスになる可能性も秘めています。