きゅうりの王様

塞翁が馬な日々

Life is a box of chocolates ブログ

椎間板ヘルニア 入院5日目 腰痛持ち集合

広告

入院5日目

前回まで(入院4日目)

どーも、椎間板ヘルニアで入院中のキュー(@cucumerking9)です。

 

 

入院5日目、朝から左足が痛む。

 

本を持ってきてもらったが、痛みで読む気も起こらい。

朝食後、いつもの点滴を行う。

 

 

点滴をすると若干痛みが和らぐので、iPhoneで検索、ブログを読んで時間を過ごす。

 

入院中は点滴をして、寝て過ごすだけなので特に刺激的なことはない。

 

同じ姿勢たでしか寝ることができないので、それがまた腰に負担をかけているような気がする。

 

とそうこうしているうちに、先生の回診の時間。

 

「調子はどうですか?座ったりできますか?」と先生。

「イヤイヤ、座ってもいいとか言われてないですから。」

「痛みはあります。いつもより痛いかも。」

俺が説明する。

「ブロック注射打ってみる?」と先生が言う。

「ブ、ブ、ブロックチュウシャ?!」

唐突に言われたのでびっくりした。

 

 手術を行わない、保存治療の中で一番効果が期待できると言われる、ブロック注射。

ヘルニアが飛び出して、左足側の神経根を圧迫している部分をピンポイントに狙って針を挿入し、麻酔薬を注入して、痛みを緩和する注射。

さらに麻酔薬は一時的に痛みを感じなくさせるだけでなく、炎症を抑える働きもあるため、恒久的な治療の効果もある程度期待できるという。

 

唐突に言われたのでビビってしまったが、オレ的には、薬と安静の自然治癒で今の痛みを無くしたい。

 

今の段階では注射はしたくない。

俺は先生に「考えておきます」とだけ言うと、「そうですか。」と笑いながら去っていった。

 

その後、グーグル検索で「椎間板ヘルニア 入院」で検索すると椎間板ヘルニアで入院して、手術をしたというブログばかりヒットする。

 

保存治療でなおったという報告がない。

オレが椎間板ヘルニアを保存治療のみで なおし、ネットで報告してやる!、と強い意気込みで痛みと戦う入院5日目なのであった。

 

4人部屋に3人目の入院患者登場

昼過ぎに若い男性の声が入ってきた。

おとなしそうだが、はっきりした口調で看護士と話している。

 

話の内容は1年半ぶりに椎間板ヘルニアの再手術をするそうだ。

 

しゅ、手術!!

近頃は手術をしない方針じゃなかったんですか?

ネットで見ると椎間板ヘルニアの手術の記事ばかり出てくるしどうなってるんだ?

結局オレも手術する必要があるのか?

 

椎間板ヘルニアについていろんなことを考えながら、入院5日目が過ぎていくのであった。

 

左足の痛みは相変わらずだが、自宅で悶絶していた時を思い出した。

むちゃくちゃ痛かったよな。

もしかしたら今の痛みを過大評価しているかもしれない。

入院初日のあの激痛に比べたら、数値化すれば1〜2程度ではないのか、もしかして、だいぶ痛みが治まってきている?

 

 

 

この調子でいけば退院は近い?と書いておけばその通りになりそうな気がするので書いてみた。(痛みは治まってきているのは確かである。)

次回に続く(入院6日目)

 

からだふきぬれタオル 大判 (30個)

からだふきぬれタオル 大判 (30個)