きゅうりの王様

きゅうりの王様

雑記・日記

椎間板ヘルニア 入院13日目 真夜中の騒動と支えなしでの歩行

広告

真夜中に緊急搬送

前回まで(入院12日目)

f:id:cucumberking231:20170308132900j:plain

現在4人部屋にオレとおじいさんの2人入院している。

 

そこに真夜中0時をまわってからバタバタと看護師さんたちが慌ただしくベッドの準備を始めた。

「あれっ、誰か入院するんかなぁ」くらいの感じだったのだが、かなりの大騒動で搬送されてきた。

 

おじさんが奥さんに付き添そわれて緊急入院。

どうしたんだと耳を澄ませると居酒屋で酔いつぶれたらしく、急性アルコール中毒っぽい。

夜中から帰る直前までゲボゲボ吐いていた。

「飲み過ぎには注意ですよ。おじさん」と心の中で諭してあげた。

昼過ぎに退院して帰って行ったが、奥さんが「昨日の夜はお騒がせしてすいませんでした」と謝りに来た。

いえいえ、大丈夫ですよ。

 

真夜中に立て続けにもう1人60過ぎくらいの男性が運ばれてきた。尿道に激痛が走りたまらず救急車を呼んで運び込まれたらしい。

 

翌朝、痛みが消えたらしく、早々に退院していった。

 

一時は満室になった部屋から2人減って庭仕事で転んだおじいさんと元通り2人になった。

 

支えなしで立つことができ始めた

f:id:cucumberking231:20170131233236j:plain

人のことばかりでなく、自分の足と腰のことについて書いていく。

 

相変わらずの痛みなのではあるが、寝ている状態で足を曲げて三角に立ててみたり、軽く足を持ち上げるとかもできるようになった。

 

そして、リハビリも兼ねて立ち上がる動作をしてみたら、痛くない時もある。

い、いたくない?!

 と喜んで曲がっている左足を伸ばしてみると、痛みが走る。

でもこれって大きな出来事ではないだろうか??

これをきっかけに痛みが消えて普通の生活ができるのでは??

と思わせてくれるような出来事であった。

 

寝ている時は 右足を下にして寝ている。

仰向けやうつ伏せになることもできるようになったが、左足を下に着た状態で寝るのが難しい。

 

左足を下にして寝ることができるように練習していこうと思う。

 

まとめ

いつもの日課の痛み止めの点滴がなかった。

看護師に確認したら処方されていないと言われた。

昨日の時点では今日も点滴をすることになっているはずだったので問い合わせてもらったら点滴での治療の許可をもらった。

 

点滴をするとしないとでは足の調子がだいぶ違うので非常に助かっている。

次回に続く(入院14日目)