きゅうりの王様

塞翁が馬な日々

Life is a box of chocolates ブログ

椎間減ヘルニアでの入院 31日目 外泊と松葉杖

広告

本日入院31日目。

痛みを耐え抜いて治ると思っていたが、結局手術の道を選んだ一ヶ月間。
先生の都合や手術室の空き状況などにより、手術予定日は4月中旬ということ。

検査結果も問題なく、あとは手術まで待つのみとなった。

退院?

f:id:cucumberking231:20170405170552p:plain

先生の回診で手術までにもう一度入院すれば良いので、退院しても構わないと行ってくれた。

自分自身で足や腰の状態を改めて確認する。

「座る」、「立つ」、「寝る」はとりあえず大丈夫。
しかし、「歩く」という動作がかなり厳しい。

歩行器の使用方法は前かがみになって、体重を歩行器にかけて歩いている。
これだと全然痛くない。

もちろん車椅子に座って移動するのも大丈夫。

しかし、補助具なしで歩くのがきつい。
10m歩けない。

なれたらもう少しいけるかもしれないが、今更無理したくない。

ということで退院はちょっと厳しいかも…

f:id:cucumberking231:20170405170754p:plain

松葉杖を使用

ただ、入院してから病院から出ていない。

外を味わったのは窓を開けるときだけ。
シャバの空気が吸いたい。

少しでもいいから外に出たい。

先生が不憫に思ってくれた?
かどうかはわからないが、歩行器以外の補助具を使った歩行訓練をすることになった。

松葉杖を使ったリハビリをすることになった。

使用方法と練習

f:id:cucumberking231:20170405170530p:plain

リハビリの療法士さんが歩行方法を2種類説明してくれた。

まず1つ目が、松葉杖を前に出した時に痛みのある左足を一緒に前に出す。
大丈夫な右足を前に出してから、また松葉杖と左足を前に出す、という感じで歩く方法。

もう1つが痛む左足を浮かして、松葉杖を前に出して、その次に右足を前に出す。
痛みのある左足は浮かした状態にしておく。

一長一短

痛む左足と松葉杖を同時に前に出す方法は左足が痛むが、安定性は良い。

左足を浮かした状態だと早く歩けて、痛みもさほどないが、安定性が悪く、こけそうになる。
わざわざ早く歩く必要はないが、ついつい体を動かしたくなる。

もう少し練習すれば思い通りに動けるような気もするが、今は無理をせずゆっくりと練習し、動けるようになろう。

まとめ

上手く使えたら、外出、外泊を許可してくれることになった!!
予定は土日。

久しぶりの我が家が待っている??!!