きゅうりの王様

きゅうりの王様

雑記・日記

椎間板ヘルニアでの入院 34日目 外泊許可証と口内炎

広告

天気はあいにくの雨。
そして、週末から火曜日までは雨の予想となっている。

せっかくの外泊がぐずついた天気となりそうである。

外泊許可証

外泊するために外泊許可証の記入、提出が必要となる。
特に重要な書類というわけではなく、がいしゅつ、外泊時の病院側の食事の有無の確認ということである。

万が一ということは当然あるが、オレが突然体調を崩し、病院に逆戻りということでもない限り使わないし、病院側から何か連絡してくるということはないそうだ。

渡された書類がこれ。

必要事項を記入し、ナースステーションに持っていくと下の許可証を切り取って手渡された。

「何かあった時に連絡してください」
とのことである。

予定は4月9日(日)〜10日(月)の二日間。
足の状態に不安のままの外出。

一ヶ月ぶりのお外!!

いよいよ明日です。

チョコラB.Bよりも効果がある口内炎の塗り薬

数日前から口の中に異物がある感じで、だんだん痛みが出てきた。

それは口内炎である。

我慢しようと思ったが、看護師さんに相談したら処方してくれた。

口内炎ができたところに直接塗る「ケナログロ腔用軟膏」という薬である。

1日2〜3回で口内炎の大きさにもよるがちょっとだけで良いと、薬剤師さんから説明を受けた。

注意点は舌などにカビが生えたり、発疹かゆみが出たら、医師、薬剤師に相談してくださいということであった。

夜に塗り込んだ口内炎はあとは消えていないが痛みはほとんどなくなった。
効果てき面!!

これでうちに帰って美味しいものが食べられるぜ!!

まとめ

外泊と言っても、足と腰の調子は万全ではない。家に帰って「椅子に座る」「立ったまま」「寝る」の3つの選択肢しかないと思う。

手術が無事終われば、今よりもずっと良い状態でうちに帰れるので、今はあちこち歩き回らずにおとなしく過ごそうと思うのであった。