きゅうりの王様

塞翁が馬な日々

Life is a box of chocolates ブログ

椎間板ヘルニア 入院36日目 桜と入学式と痛み再発

広告

椎間板ヘルニアで入院してから一ヶ月ぶりの我が家。

1日目は入院する前からほったらかしの本、雑誌の片付けやパソコンの整理などをして過ごした。

1日目は満喫して終わりました。

早朝の花見

朝起きると5時。
明るくなるのが早くなった。
あいにくの曇り空だったが、山の方を見ると綺麗な桜が見える。

せっかくの外泊。
腰や足の痛みが心配だが思い切って行ってみることにする。

車で約15分。
池ではカモ?が気持ちよさそうに泳いでいる。

池の横に桜の木があるが、足元を見るとたくさんの花びらが落ちている。

花びらが絨毯のようにびっしりと落ちている。

見上げると満開を過ぎて緑の葉が見え始めている。

ギリギリで桜を楽しむことができた。

入学式と痛み再発

本日、子どもの小学校の入学式だった。
子どもにとっても親にとってもハラハラ、ドキドキの入学式。

個人的には松葉杖での歩行もかなりしんどくて苦労した。
2~3時間、オレの足が持つかどうか不安でいっぱい。

式は無事済んだが、体が悲鳴をあげた。

ガマンの限界を通り越したようで自宅に帰ってから起き上がることができなかった。

病院へ

夕方ようやく病院へ。

昼間休んだおかげか、病院が落ち着くのかはわからないが今はベッドの上で座ってブログを書いている。
やはり歩行器なしの外泊はかなり辛かった。

まとめ

日常生活を過ごすにはかなり厳しいということがわかった。
ヘルニアのせいで体がすぐに悲鳴をあげることがわかった。

早く手術を受けて、痛みのない楽な体になりたい。

病室へ戻ったらオレのいる大部屋が満室になっている。
つかの間の休息が終わり、明日からまた闘病生活が始まるのであった。