きゅうりの王様

きゅうりの王様

雑記・日記

ゴールデンウィークとフラワーギフトと母の日と

広告

椎間板ヘルニア入院生活55日目になります。
世間は2017年のゴールデンウィークに突入しましたが、俺の入院生活は続きます。

今日の症状

手術日から数えて10日目、土日はリハビリがお休みにので朝と昼に病院内を歩く。
左足、ふくらはぎ裏側に少し突っ張りのような違和感がある。
ほんと少しだけ。

あと、手術の後の傷口ではなく腰が痛いような気がする。
座るのが以外とつらい。
座って15〜20分ぐらいしたら腰が痛くなる。 全然改善しない。

抜糸したらよくなるのか?
リハビリしたらよくなるのか?
長い間動いていないので筋肉が弱くなって痛みを感じやすくなっているのか?

気になる点を挙げてみた。

手術はしたが退院のめどは立っていない。
痛みや疑問点は医師、看護師、リハビリの療法士に相談して1つずつ解決して行こう!

気になるのはこんなところ。

お見舞いのフラワーギフト

知人がお見舞いに来てくれた。
お見舞いにお花を持ってきてくれた。

お花があると殺風景な病室が少しか華やかになりました。

お花が「枯れる」という理由から持ち込み不可という病院もあると聞きます。
また、鉢物の植物も病院に「根付く」という理由でお見舞いの品として、ふさわしくないとたも言われています。

花は毎日水をあげれば1週間以上綺麗な状態を保ちます。

お見舞いの品としてお菓子や果物を持ってきてくれましたが、お見舞いの品としてフラワーアレンジはまた違った感じがします。

男なのでモゾがゆい感じです。

嬉しいです。ありがとうございます。

5月14日「母の日」

フラワーギフトといえば今年の母の日は5月14日です。
ゴールデンウィークの翌週ですね。

母の日といえば、年間を通して「お歳暮」「クリスマス」と合わせて3大配送と呼ばれている(2年までのニュースで見ました。間違っていたらすいません) 年間の30〜40%の配送量があると言われています。
昨今問題になっているヤマト運輸の配送量増加に伴う負担が気になりますが、とにかく経済規模はすごいです。

diamond.jp

母の日はもともとアメリカで亡き母を偲び、白いカーネーションを送ったのが始まりだが、世界中で類似の起源があり、諸説ある。

日本では母の日には赤いカーネーションを贈るのが一般的だが、数年前から様々な母の日関連商品が販売されている。
母の日のプレゼントをまだ決めていない人はぜひこの機会に考えてみてください。

お花がメインになりますが、最近はメインのお花「カーネーション」だけじゃなくお菓子や便利グッズも人気があるみたいですね。
母の日はお花をプレゼントする日ではなく便利品をプレゼントする日になれば良いですね。

まとめ

花、フラワーギフトに関連して母の日をネタにして記事を書いてみた。

宅配業者の配送状況が大変な混雑が予想されるので5月14日に直接母親にプレゼントを贈るのであれば前日が良いですよ。